良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

とうさん おはなしして アーノルド・ローベル

とうさん おはなしして (ミセスこどもの本)

なんだろう、この奇妙な既視感は…。
読み終わった後に、ふとどこかで同じものに触れた感覚が湧き起こるんです。

スポンサーサイト



ふたりはともだち アーノルド・ローベル

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

ともだちはやっぱりよいもの。
そんな当たり前のことに気づかせてくれる。

ふたりはいっしょ アーノルド・ローベル

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

ふたりは、いつもいっしょだ。
がまくんが、予定表をつくって実行するときも、花の種をまいて、種に毎日声をかけるときも、かえるくんは、がまくんの傍に寄り添ってあげる。

ふたりは きょうも アーノルド・ローベル

ふたりはきょうも (ミセスこどもの本)

これ好きだなぁ。

決してかわいい絵ではないし、ふたりの関係性がウェットな感じもしなくはないんだけどいいんですよね。

ふくろうくん アーノルド・ローベル

ふくろうくん (ミセスこどもの本)

ふくろうくんは、やさしいけれど、臆病で、怒りん坊で、泣き虫である。

星どろぼう アンドレア・ディノト アーノルド・ローベル

星どろぼう

タイトルが気になって、しょうがなかったんですね。


スポンサーサイト