良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GENTE2 オノ・ナツメ

GENTE 2 (Fx COMICS)

2巻も眼鏡老紳士万歳の丸々一冊ですね。

スポンサーサイト

GENTE1 ~リストランテの人々~ オノ・ナツメ

GENTE  1 (Fx COMICS)

先に同作者の『リストランテ・パラディーゾ』を読んでいたためか、ちょっと面喰らってしまった。

うせもの宿1 穂積

うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)

またまた、穂積さんの新刊。
しかも、今回は連載ものとくれば、触手が伸びますよね。

図書館の主9 篠原ウミハル

図書館の主 9 (芳文社コミックス)

前巻の停滞感がウソのように、テンポよく、次から次へと物語が展開していきます。

図書館の主8 篠原ウミハル

図書館の主 8 (芳文社コミックス)

ここのところ、中弛みではないけど、今後の展開は大丈夫かなとハラハラしていたので、8巻でまた面白さが復活していてホッとしました。

あさきゆめみし6 大和和紀

あさきゆめみし(6) (講談社漫画文庫)

ここからは、光源氏亡き後の物語である。

あさきゆめみし5 大和和紀

あさきゆめみし(5) (講談社漫画文庫)

男の嫉妬は見苦しい。

超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2 杉田圭

超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2

最近、変なものを読みすぎたのか。

マンガ日本の古典2 落窪物語 花村えい子

落窪物語―マンガ日本の古典 (2) 中公文庫

千年前の恋も、今の恋も同じことは、昔の和歌を詠んで痛いほどよくわかった。
でも、まさか継母のいじめというものも、今と昔でまったく変わらないとは思ってもみなかった。

昭和元禄 落語心中4 雲田はるこ

昭和元禄落語心中(4) (KCx)

助六と菊比古の明暗がくっきりと分かれる。

昭和元禄 落語心中3 雲田はるこ

昭和元禄落語心中(3) (KCx)

若かりし頃の八雲の話はつづく。
菊比古(八雲)と助六がまだ二ツ目で頑張っているときのこと。

日本人なら知っておきたい日本文学 蛇蔵&海野凪子

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

図書館でパラパラめくって気になっていた一冊。
先日、本屋で見つけたので、思わず購入してしまいました。

ひとり 加島祥造

ひとり

田舎で暮らすこと。
何もない場所で、何ものにも干渉されず、何人にもかかずらうことなく生きることに憧れることがある。

動物園のお医者さん6 佐々木倫子

動物のお医者さん (第6巻) (白泉社文庫)

終わりが着実に近づいているのがわかるのに、物語はますます面白さを増していく。

動物のお医者さん5 佐々木倫子

動物のお医者さん (第5巻) (白泉社文庫)

5巻になってもトーンダウンするどころか、面白さは加速していく。


スポンサーサイト

*Related Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。