良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ10 浅田弘幸

テガミバチ 10 (ジャンプコミックス)

ラグが新たに配属された先は、凍結物件(コールドレター)課と呼ばれている部署である。

スポンサーサイト

テガミバチ9 浅田弘幸

テガミバチ  9 (ジャンプコミックス)

ラグがゴーシュ・スエードを連れ還る。
それだけで、みんなの心に明るい灯火がついたようになる。

テガミバチ8 浅田弘幸

テガミバチ 8 (ジャンプコミックス)

コナーの恋の話から始まって、ほんわかした物語の幕開けかと思っていたら、予想していなかった嫌な方向に展開してしまった。

テガミバチ7 浅田弘幸

テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)

ゴーシュの足跡を追うため、北の辺境にあるブルー・ノーツ・ブルースへと向かうラグとニッチ。

テガミバチ6 浅田弘幸


いつもの鎧虫(がいちゅう)を退治する心弾ではなく、新たに
『手紙弾』を手にしたラグ。
これは手紙のこころ、想いを伝えるための弾なのだ。
ラグは、それを記憶をなくしてしまったゴーシュへ使おうとする。

テガミバチ5 浅田弘幸


ハニーウォーターズでの戦いが終わる。
そして、鎧虫(がいちゅう)との戦いで見えたこころの記憶から、
消息不明になったゴーシュの映像が浮かび上がる。

テガミバチ 4 浅田弘幸


ラグのテガミバチとしてのお仕事が始まる。
そして、郵便館「ハチノス」にいる個性的な面々が登場
してくる。

テガミバチ 3 浅田弘幸


BEE(テガミバチ)の面接適性審査を受けたラグ・シーイングは、
審査官のザジからとんでもない情報を聞いてしまう。

テガミバチ2 浅田弘幸


テガミバチには相棒(ディンゴ)が必ずいる。
二人一組で、人のこころがこもったテガミを
集荷し配達するのだ。

テガミバチ1 浅田弘幸


AB(アンバーグラウンド)で『テガミ』を配達する
BEE(テガミバチ)。


スポンサーサイト

*Related Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。