良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つむじ風食堂の夜 吉田篤弘

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

生きるために食べることは必要だが、はたして食べるために生きることは必要だろうか…。

スポンサーサイト

木挽町月光夜咄 吉田篤弘

木挽町月光夜咄

いかに僕が適当に本を選んで読んでいるかがよくわかる。
吉田篤弘さんの作品が好きで、そろそろ何か小説が読みたいなと思い、この本を手にしたのだ。

フィンガーボウルの話のつづき 吉田篤弘

フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫)

はじめ連なるひとつの物語なのだと思いながら読んでいたのだが、
途中で肩透かしを食らったかのように、まったく別の物語が始まってしまう。

それからはスープのことばかり考えて暮らした 吉田篤弘

それからはスープのことばかり考えて暮らした
吉田 篤弘
暮しの手帖社
売り上げランキング: 101,724

はじめにサンドイッチが食べたくなり、次にスープが飲み
たくなってしまう。


スポンサーサイト

*Related Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。