良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖4 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

今まで鬱積していたものが、限界を超えて溢れ出してしまったのではないだろうか。
それは、母の想いなのか、それとも栞子の想いなのか…。

スポンサーサイト

ビブリア古書堂の事件手帖3 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
アスキー・メディアワークス (2013-02-25)
売り上げランキング: 49

やはり、そうだったのか。
最後まで読んで思わず膝を叩いてしまった。

ビブリア古書堂の事件手帖 2 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキー・メディアワークス (2011-10-25)
売り上げランキング: 175

1巻からあった違和感。
主人公の大輔が本を読めない書店員であること。
栞子さんが美人で胸が大きくてという部分が何度も強調される
のが正直どうかと思っていた。
しかし、2巻を読み始めるとすぐに違和感は解消されて、
ビブリア古書堂のあるに北鎌倉へ誘われてしまう。

ビブリア古書堂の事件手帖 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
三上 延
アスキーメディアワークス (2011-03-25)
売り上げランキング: 191

恋に落ちる瞬間、人は盲目になる。


スポンサーサイト

*Related Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。