良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海月と私2 麻生みこと

海月と私(2) (アフタヌーンKC)

鄙びた海沿いの旅館にいるのは、後を継いだ寡黙な主人と、美しくて仕事もできるが素性がはっきりしない仲居のふたり。

スポンサーサイト

海月と私1 麻生みこと

海月と私(1) (アフタヌーンKC)

『路地恋花』が完結してしまって、ひとつ楽しみが減ったかと思いきや、麻生さんの新作ですよ。

路地恋花4  麻生みこと

路地恋花(4) <完> (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社 (2012-09-07)

路地に恋をして、ものづくりする職人たち。
京都の長屋、京都弁がたおやかに、しとやかに
物語に響くのだ。

路地恋花3 麻生みこと

路地恋花(3) (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社 (2011-09-07)

日本人の微細な感情や機微を見事に表現している。

路地恋花2 麻生みこと

路地恋花(2) (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社 (2010-09-07)


微細な感情を描くのが上手な作家さんである。

路地恋花1 麻生みこと

路地恋花 1 (アフタヌーンKC)
麻生 みこと
講談社

京都の長屋に集うアーティストや職人たちが繰り広げる恋花、
恋の物語である。


スポンサーサイト

*Related Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。