良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物園のお医者さん6 佐々木倫子

動物のお医者さん (第6巻) (白泉社文庫)

終わりが着実に近づいているのがわかるのに、物語はますます面白さを増していく。

スポンサーサイト

動物のお医者さん5 佐々木倫子

動物のお医者さん (第5巻) (白泉社文庫)

5巻になってもトーンダウンするどころか、面白さは加速していく。

動物のお医者さん4 佐々木倫子

動物のお医者さん (第4巻) (白泉社文庫)

世の中には面白い動物たちがたくさんいる。

動物のお医者さん3 佐々木倫子

動物のお医者さん (第3巻) (白泉社文庫)

『動物のお医者さん』の世界って、のんびりしていていいなぁと思っていたのですが、意外と闘っていることが多くてビックリしました。

動物のお医者さん2 佐々木倫子

動物のお医者さん (第2巻) (白泉社文庫)

忘れてた。
まだ2巻では、ハムテルたちは大学二年生だったんですね。

動物のお医者さん1 佐々木倫子

動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)

自分でも飽きずによく読んでるなと思ってしまう。


スポンサーサイト

*Related Entry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。