良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

よろず占い処 陰陽屋へようこそ 天野頌子

よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル)

陰陽師?占い?いったい、どんなお話なんだろうと思ってページを捲ると…。
なんと、陰陽師のお話ではなく、陰陽師の姿をして、形式はまねているだけ。
イケメン占い師・安倍祥明の屋号が『陰陽屋』なのである。

スポンサーサイト



魔女モティ 柏葉幸子

魔女モティ (文学の扉)

モンスター・ホテルシリーズを制覇したと思ったら、またしても柏葉さんの本で魅力的なシリーズを見つけてしまいましたよ!

LA QUINTA CAMERA ―5番目の部屋 オノ・ナツメ

LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋 (IKKI COMIX)

これは、オノさんの初期の作品かな。
今と随分絵が違うんですよね。

ちがうねん ジョン・クラッセン 長谷川義史

ちがうねん

『どこいったん』を描いたジョン・クラッセンの作品。
今回も、長谷川義史さんが訳されています。

悲しい本 マイケル・ローゼン クェンティン・ブレイク 谷川俊太郎訳

悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)

失った悲しみというのは、何ごとにも変えることはできない。
失ったものが、大切な人であればなおさらだ。

続・世迷いごと マツコ・デラックス

続・世迷いごと

あぁ、やはり予想していた通りかも…。
元々、テレビに出ているマツコ・デラックスは好きで、よく見ているのだが、彼女(ここではそう呼ばせてもらいます)が登場した当初から思っていたことがあるんです。

しをんのしおり 三浦しをん

しをんのしおり (新潮文庫)

なんだか現実逃避がしたいと思っていたら、三浦しをんさんの本を買っている自分がいた。
そうか、しをんさんの面白い話を読んで、浮き世の憂さを晴らせばいいということだなと、勝手に解釈した次第である。

人生はワンチャンス 水野敬也 長沼直樹

人生はワンチャンス!   ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法

表紙を見て、「んっ!?」と気になり、手にして中を覗くと、「おぉ!」と驚き、文章を読んで、「う~ん」と唸らされる。
この本は、そんな二重にも三重にも仕掛けが張り巡らされているのです。

モンスター・ホテルでインターネット 柏葉幸子

モンスター・ホテルでインターネット (どうわはともだち)

モンスター・ホテルシリーズ第7弾。
今回は、いつもと始まり方が違うので戸惑ってしまいます。

おてがみもらった おへんじかいた 森山京 広瀬弦

おてがみもらった おへんじかいた (おはなしフェスタ)

手紙が題材で、表紙のかわいいクマの絵で、森山京さんが書かれた本ということで、手にとってしまいました。
小学生のクマの子とウサギのおばあさんの交流が気持ちよいですね。

おとりよせ王子 飯田好実2 高瀬志帆


飯田くん、もうムチャクチャ食通だよね。手早く酒のつまみは作っちゃう
し、お取り寄せしたものをオレ☆オリ(オレ☆オリジナル)といって自己流
にアレンジしてしまうし、定期的に弁当男子にもなっちゃうし…。

おとりよせ王子 飯田好実1 高瀬志帆


SE(システムエンジニア)として働く飯田くんは、毎日残業、残業の
日々を過ごしている。
しかも、会社では無愛想で付き合いも悪かったりするから、職場の人
に声をかけられてもスルーしてしまう。

けっしてそうではありません 五味太郎

けっしてそうではありません
五味 太郎
教育画劇
売り上げランキング: 492,434

五味さんの本って、なんとなく読んだような気がしていて、
実際に読んでみるとその発想というか、妄想というか、言葉
遊びの茶目っ気にやられてしまいますね。

くまくん 二宮由紀子 あべ弘士

くまくん
くまくん
posted with amazlet at 13.04.29
二宮 由紀子
ひかりのくに
売り上げランキング: 464,359

くまくんが逆立ちして、「くまじゃなくて、まくなんじゃない?」
と言うんです。

ニシノユキヒコの恋と冒険 川上弘美

ニシノユキヒコの恋と冒険
川上 弘美
新潮社
売り上げランキング: 548,648

ニシノユキヒコという男は何者なのだろうか。
幻影のように、蜃気楼のようにたゆたうことで生き長らえていたの
だろうか。
それとも、命をつなぐかすがいは女たちであったのだろうか。

東京カフェ散歩 川口葉子

東京カフェ散歩 観光と日常 (祥伝社黄金文庫)
川口 葉子
祥伝社 (2012-12-12)
売り上げランキング: 22,465

東京に出てきた頃、お洒落なカフェに行きたくて、川口さんの
「東京カフェマニア」というサイトでよくお店をチェックして
いました。

ずっと、トモダチ。 長嶺輝明

ずっと、トモダチ。
ずっと、トモダチ。
posted with amazlet at 13.04.29
長嶺輝明
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 364,459

最後まで読み終わって、ようやくこの詩集が一人の人物が紡ぎ出した
ものではないことに気づく。
まさにやられたという感じだ。


スポンサーサイト