良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の巣 桜沢エリカ

wt12175m.jpg
桜沢 エリカ
祥伝社

夫の浮気相手と天使と、ひょんなことから同居生活を
送るようになってしまう、表題作「天使の巣」。

彼氏と行くはずだった海外旅行に一人で来ることになり、
現地のガイドと行動を共にするようになる「お茶の時間」。

4つの恋が描かれているオムニバス作品集は、寂しさや嫉妬、
独占欲といった人間の欲望を感じさせながらも、
どこか憎めなくてほんわかあったかさを感じさせてくれます。


特に表題作「天使の巣」が好きですね。

漫画だから成り立つ設定だし、登場する天使も一言も
しゃべらないんだけど、それがなんとも言えずいいんです。

見えない何かに守られているって、こういうことなのかなって
思いました。


人間の孤独って、惚れたはれたの恋愛では癒やされないし、
満たされないのかもしれませんね。

癒やされたり、満たされたりするのは、まったく別なもの…。

そんなことを感じながら読んでいました。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/133-cf5d8d4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。