良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空放送局 中村航 宮尾和孝

星空放送局
星空放送局
posted with amazlet at 12.01.19
中村 航
小学館
売り上げランキング: 220245

ピュアな想いが詰まった3つのお話。

第一話の『出さない手紙』は、少女の牛乳配達の少年への
あたたかい想いが詰まっている。

第二話の『カラスは月へ』は、カラスとうさぎのひたむきで、
せつない友情が詰まっている。

そして、第三話の『星空放送局』は、人と人の愛・絆・信頼
といった大切なものが詰まっている。


説明してしまうと、ちぐはぐな印象を受けるかもしれないが、
根底に流れるものは一緒なんだと思う。

だから、それぞれの物語が単一のものではなく、同じ世界にある
出来事のように感じてしまうのだ。

純粋な想いとは、斯くも煌びやかで、力強く、生命が満ち溢れて
いるものなのだということを痛感させられる。

とにかく、すべてがまぶしいのだ。

まぶしくて、いとおしい。


ピュアな想いというのは、ピカピカにかがやく光のようなものなの
かもしれない。

光りかがやくハートそのものなのかもしれない。

だからこそ、そのピュアな想いに触れてみたいという想いに
駆られるのだろうな。







スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/159-39c27587
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。