良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢について 吉本ばなな

夢について (幻冬舎文庫)
吉本 ばなな
幻冬舎
売り上げランキング: 353422

自分自身の夢すら記憶にないことが多いのに、
作家の夢を知ることができるのだから面白い。

作家に限らず、創作をするアーティストたちの頭の中って
一体どうなっているのだろうと思ってしまうのだ。
こういう想いは、好奇心以外のなにものでもないが、
知りたいし、見たいという気持ちは抑えられない。

この本では、作家吉本ばななの実際に見た夢がつらつらと
書かれています。
夢の中で知人に会ったり、彼が浮気していたり、
死んだ友人と会っていたり…。

ただ、夢の内容を書いているだけではなく、現実世界との
関連性を作者自身が分析して考察しているから読み物として
楽しめるのだと思います。

夢以外にも、夢のような不思議な話や夢を生きる人、
旅行の話なんかもあったりして、読めば読むほど不思議なことが
たくさん書かれていて、すごいと思ってしまいます。

そういった出来事が、少なからず作品に影響している。

いや、そういう出来事のひとつひとつが積み重なって作品が
できあがるのかもしれないですよね。






スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/162-bf9efed8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。