良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だるまさんの かがくいひろし

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)
かがくい ひろし
ブロンズ新社
売り上げランキング: 7229

だるまさんの・・・って、いろんなものが出てきちゃう。

いやぁ、このだるまさん自体がすでにファンタジーだから、
なんでもありといえばありなんだけど、それでもそれでてくるって
意表を突かれるものが出てきちゃう。


あぁ、こういうの固定概念なんだよね。

だるまだから、そんなもん出てくるわけがないって、
頭のどこかで思ってしまっている。

だから、なんでそんなものが出てくるんだって、
頭が驚いてしまうんだろうなぁ。


だるまさんの「め」「て」「は」「お」「け」・・・。

言葉はシンプルであればあるほど面白い。

ギャップがあればあるほど印象深い。

笑いのツボって、大人になっても案外変わらないんだと思う。

頭で考えないで、ただだるまさんの世界に埋没してしまえば、
ただ面白くて、笑える世界が待っているんだよね。






スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/164-b85d22e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。