良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12星座 石井ゆかり

12星座
12星座
posted with amazlet at 12.02.21
石井ゆかり
WAVE出版
売り上げランキング: 12683


面白かった~。

300P以上あるボリュームなのですが、読み始めると次の展開が
気になってどんどん読み進めてしまいます。


ある男の人生をひとつの物語にしたものが、12分割されているのですが、
それが12の星座、それぞれの特徴であったり、性質を説明しています。

まるで、星座の星詠み表のような物語なのです。
牡羊座から始まり、魚座で終わる一連のストーリーは、ひとつの円を
ぐるりと一周するかのように連なり、絡まり合っているのです。

つまりは、単体ではないということです。
たとえば、ひとつ前の牡羊座は、その後の牡牛座に密接に関わっていて、
次の星座に引き継がれ展開していくのです。

そんな感じで、物語とは別に各星座についての説明もあるのですが、
当然の如く、物語と星座の説明は連動しています。
そこが、また深すぎて、石井ゆかりという人はどこまでもすごい人だなと、
読んでいて、ただただ脱帽してしまうのです。


物語は、記憶をなくした青年が、自分を取り戻すために旅をするものです。

名もなく、何者かもわからない主人公が、徐々に実体を伴って、記憶を取り戻して
成長していく様子は見ていて、こちらまでドキドキしてしまいます。
次の展開が気になってしまい、ちょっとした、冒険小説を読んでいるような
ワクワク感があるのです。

この物語を読むだけでも十分楽しめるのではないかと思います。
はじめ、自分の星座だけを読もうとしたのですが、飛ばし読みは
オススメできないので注意してくださいね。

飛ばして読むと物語の面白さも半減してしまうので、是非最初から主人公と
一緒に自分探しの旅を満喫してみてください。






スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/173-e910722a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。