良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE2 小畑健 大場つぐみ

DEATH NOTE (2) (ジャンプ・コミックス)
小畑 健
集英社


デスノートを持つことにより、人の死をコントロールすることが
できるようになった主人公の夜神月と、それを阻止すべく捜査を
進めていくLとの攻防戦が始まる。

実写化された映画のイメージがあるので、ビジュアル的に月(ライト)
の方が人間っぽいと思っていたのですが、実はそうではなかったのですね。

どちらかというとLの方が人間っぽいし、親しみがもてて好きですね。


Lは元々の性格や職業柄秘密にしなくてはいけないことが多いというだけ
なような気がします。

それに対して、月は表面上は正義という仮面に覆われているけど、
実体は正義以上の支配であったり、デスノートを使うことの快感であったり、
残虐性にとり憑かれているようにさえ思えてしまいます。

月が自分が犯人とバレないように怯えている姿よりも、如何に証拠を隠滅するかに
奔走する姿が人間の感情がないのではないかと思えるほど、冷静で冷徹で恐ろしい。

デスノートの恐ろしさより、人間の恐ろしさを投げかけているのかもしれませんね、
この作品は。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/175-a320d28b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。