良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の主1  篠原ウミハル

図書館の主 1 (芳文社コミックス)
篠原 ウミハル
芳文社 (2011-08-09)

御子柴のキャラクターがいいなぁ。

いいと言うのは、雰囲気がいいとか、面白いということではなくて、
ストーリーに入りこむことなく、客観的に読むことができるから
良いのだと思う。


図書館で司書をする御子柴に接する人々。

児童書を読むことで、なくしていた何かを思い出し、
取り戻していく。

それは、思い出であったり、ワクワクであったり、
ふたをしていた感情だったりする。


はじめ、カリカリ、イライラしている感じがして、とっつっきにくい
性格なのかなと思いきや、彼の幼少期の回想を見ていると、その不器用
ながらも愛すべき人柄が浮かび上がってくるのも良いんだなぁ。

全面に児童書が出ているにも関わらず、単に本の紹介に終わらないところが
素晴らしい。

きちんと、ストーリーの中の一部として組み込まれていて、なおかつこの本
読んでみたいなという気にさせられるのです。


宝島、幸福の王子、ニルスの旅・・・。

アニメなどでは見ているけど、どれもきちんと本で読んだことがないなと
改めて思い返してしまいました。
御子柴はいないけど、図書館に足を運んでみようかとさえ思ってしまいます。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/182-1041c18e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。