良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE8 小畑健 大場つぐみ

DEATH NOTE (8) (ジャンプ・コミックス)
小畑 健
集英社


Lの真の後継者であるニア、そして同じ私設にいたメロが、キラを追い始める。

ニアとキラは、距離をとりながら接近するのに対し、
メロは突然強行的にデスノートを奪うという行動に出る。

それまでは、どうしてもキラである月(ライト)の残虐性が目立っていたが、
メロが登場することによって相殺させてしまおうという感じがしてしまう。
そこがポイントなのかもしれない。

メロがマフィアのボスのように、非情なまでに味方を殺していく様。
自分は直接手を出さないところなんかも、月に重ねて見てしまう部分なのでは
ないかと思ってしまう。

だんだん、正義の名のもとにデスノートを使っているのではないということが
わかってくる。
自身の保身のため、欲望のために月が動いている、そうとしか思えない場面が
増えてくる。

結局は、世界を支配しようとする思想をもつ者は、世界を幸せにするではなく、
自分が世界を支配するという欲望からは逃れられないということなのかもしれない。

それは、欲望の頂点とも呼べる、人間の愚かな一面なのかもしれない。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/188-6d442de2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。