良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ね、ぼくのともだちになって! エリック・カール

ね、ぼくのともだちになって!
エリック カール
偕成社
売り上げランキング: 358844

たくさんの動物たちに、「ね、ぼくのともだちになって!」
って頼むねずみ君。

ぞうさんやきりんさんやうまさん・・・会う動物たちに
のべつまくなしに頼むわけです。

最後には、同じねずみの女の子と出会い一件落着となるのですが・・・。

単純にともだちができて良かったねといかないのが、
エリック・カール流だなって思ってしまいます。

もう一匹のねずみに出会った後に出来事も然りだし、そこまで辿り着く
過程のようなものがすべてを物語っているように思えてならないんですね。

これ、物語自体は単純だけど、いくつも隠れた意味があると思うんです。

行動を起こす大切さとか、自分の目で見て確かめることの大切さであったり、
自分で見つけて選ぶことの大切さとか・・・。

そういう部分を見ていくと、さらに面白さが増すんですよね。

ともだちって何か、自分に合う友達って誰か、どうやってともだちを作るか。

そうやって見ていくと、大人にとってもすごく深い絵本に変わると思います。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/194-19216ded
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。