良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツラ美容室別室 山崎ナオコーラ

カツラ美容室別室 (河出文庫)
山崎 ナオコーラ
河出書房新社
売り上げランキング: 440743

ドラえもんのような世界だって思ってしまった。
決して、猫型ロボットは出てこないし、ファンタジーの
世界ではないんだけど、なぜだかそう思ってしまうのだ。

なんだか、二次元的な世界でどこか夢のような世界かと
思わせておきながら、突然ガツンと現実を突きつけて、
この後どうするの?こんなんでいいと思ってるの?
っていう突きつけ感じがするんだよなぁ。

のび太の場合は、悲しい現実を突きつけられても、
ドラえもんが助けてくれる。
でも、現実の世界にはそんなお助けロボットはいない。

一見、うまくいっているように見えて、
実際はそうではないことってよくある。
よくあるけど、それがわかった瞬間というのは
結構手遅れなことが多い。
そんな一瞬一瞬がこの物語には描かれている。

主人公の淳之介が引っ越してきた高円寺という街。
カツラ美容室別室で出会う人々。
普通でいて、普通ではない出会い。
当たり前のようでいて、当たり前ではない会話。

どこか翳りや歪みがあり、その足りない部分を
補うかのように人は人と付き合い、何かを共有したり、
一緒に過ごしたりしている主人公たち。
その姿を見ていると、人間同士の交わりって
本来そういうものなのかもしれないとすら感じてしまう。

恋愛ともつかない、友情ともつかない、仕事ともつかない。
何にも属さない世界だからこそ、表現できるものって
あるのだと思う。

こういう本は、意味とか、目的とか、そんなことを考えずに
読んで欲しいなぁ。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/217-f871b65d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。