良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこもこもこ たにかわしゅんたろう もとながさだまさ

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
谷川 俊太郎
文研出版
売り上げランキング: 528

どうしてこうなるんだろう?
なんでこの音なんだろう?

いつも思うのですが、谷川俊太郎さんって
芸術家だよなって思ってしまいます。

自分が凡人だからなのか、ときどきどうしたらこの言葉で、
この文章なんだろうって理解できないことがあって、
絵本になるとそういうのって明確にわかるのですね。

つまりは、芸術だからそこに意味とか、ストーリー性というのは
必要ないんだろうな。
言葉や音が先にありきで、意味や物語はその後に付随してくるもの。
そんなような気がしてしまいました。

詩集よりもこの絵本を読んでそんなことが納得できた自分がいるって
どうなの?とも思うのですが、それはそれで新たな発見があった
ということで良しとしておきます。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/234-ee453bf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。