良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十八歳 谷川俊太郎 沢野ひとし

十八歳 (集英社文庫)
十八歳 (集英社文庫)
posted with amazlet at 12.08.16
谷川 俊太郎
集英社
売り上げランキング: 660503

久しぶりに、この本を手にとってみて、目を疑ってしまった。
この詩が18歳の時に書かれたものであることも知らずに
読んでいたのだ。

当時、同じ18歳くらいの自分がさらっと読み流していたことを
思い出してしまった。

いや…思い出すにつれて穴に入りたくなるほど
恥ずかしくなってしまう。
謙虚で自信の欠片もないと思っていたが、若かりし自分の
傲慢で自信家な一面を垣間見てしまったのだから穴にも
入りたくなるというものだ。

18歳の谷川俊太郎は、すでに一般の高校生という枠を超えている。
上品であり、達観しており、節度を弁えている。
当時の僕が同じ言葉を思いつくことも、同じ感情を抱くことも
叶わなかった。

願っても叶わない…そんな事実を突きつけられても、当時の自分は
受け入れることなどできなかったに違いない。
痛いな、痛すぎる。でも、これは若気の至りという言葉で片付けて
しまって良いことなのかもしれない。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/250-55efc7e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。