良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうさんはタツノオトシゴ エリック・カール

とうさんはタツノオトシゴ
エリック カール
偕成社
売り上げランキング: 64035

たぶん、これは魚の生態をわかった上でのお話だと
思うんだけど、こんなに魚にはお父さん(オス)が、
子ども(卵)を背負ったり、孵化するまで抱えたり、
守ったりしているだなんて知らなかった。

人間も今はイクメンとかって男の人が育児するのが
当たり前になってきたけど、魚たちはずっと前から
子育てを当たり前のようにしていたんだなぁ。

その姿を見せられるだけですごいなと思ってしまう。
感動すらおぼえてしまう。

タツノオトシゴのお父さんが卵を抱えながら、
他の魚のお父さんたちと出会っていくお話です。

エリックカールさんの絵本って、どれもそうですが、
ほんと美しいですよね。
鮮やかな色の組み合わせが海の美しさをうまく表現
しているし、魚たちが隠れている海草なんかも素敵
なんですよね。
ビニールシートに描かれているのですが、色鮮やかな
シートをめくるのはちょっと楽しかったりします。

生命の神秘と海の深淵さ、そしてお父さんの愛の偉大さに
触れることができる本なのかなって思います。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー

スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/271-af92d881
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。