良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットに名言を 寺山修司

ポケットに名言を (角川文庫)
寺山 修司
角川書店
売り上げランキング: 3032

寺山修司という人の断片であり、全体を知ることが
できる本なのではないだろうか。

一般の名言集とは違い、大多数の者が認め、頷くような
名言はここには存在しない。
それは、あとがきにも書かれているように名言の定義が
通常と異なるからである。

一部を抜粋するとこんな感じである。

一、呪文呪語の類
二、複製されたことば、すなわち引用可能な他人の経験

六まで定義付けがされているので、是非どういう意味合いで
選ばれた言葉なのかを考えながら読んで欲しいですね。

寺山修司独自の法則により、集積された言葉たちは、
ある意味、寺山の代弁者ともいえるのかもしれない。

詩人、作家、演劇人など表現者としての寺山修司
少年、学生、男など人としての寺山修司

そのときどきの自分に合わせた名言を選び取っている。
暗号のように、自分だけがわかる、自分だけが名言
思う言葉たち。
そういう言葉を胸に抱えながら生きていくことは、
心に強い御守りを携えていることと同じなのかも
しれないですね。

ポケットに名言をとは、もしかしたらそういう
意味合いなのかも。

映画、詩、小説、自身の詩から選び出された言葉は、
折りに触れ読み返したくなるような気がします。
時間を空けることによって、言葉も熟成され、
再び本を開いたときには、また違う味わいがあるのでは
ないでしょうか。

触れることで感化され、喚起される。文学というものは、
概してそういうものなのかもしれないですね。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/281-a748b327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。