良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深呼吸の必要 長田弘

深呼吸の必要
深呼吸の必要
posted with amazlet at 12.11.04
長田 弘
晶文社
売り上げランキング: 55629

蒼穹の中で両手を広げ、ただ深呼吸をしてみる。
新鮮な空気を体内に染み渡らせる。

深呼吸をする瞬間というのは、何かが始まり、何かが終わる。
常に始まりと終わりは交錯している。

気づかなかったものが気づき、できなかったことが、
できるようになる。
その狭間に、必ず深呼吸が存在する。

古い空気を吐き出し、新しい空気を取り入れる。
きみは、僕かもしれない。
あなたかもしれない。
それとも、別の誰かかもしれない。
きみは誰なのか…深呼吸をしながら想いを馳せてみるのも、
また一興ではないだろうか。

長田弘さんの詩集初体験です。
独特の言葉の紡ぎ方が面白かったです。
特に前半の詩の「き み」が誰を指しているのかということが
気になってしょうがなかったですね。
独白のような、ひとりごとのような、日記のような、
物語のような…捉えどころのない言葉たちが歌うように
たゆたうように流れていく。
それが心地良くて、まるで、宙を舞う空気のような詩たちだなと
思いながら読んでいました。

こういう着眼点で詩を読んだことって今までなかったかも
しれないですね。
つい、自分と合っているか、自分が感情移入できるかどうか
という視点で詩って読んでしまうことが多いんですよね。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/297-9d69e142
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。