良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。3 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 3 (ジャンプコミックス)
小畑 健
集英社

サイコーとシュージン、二人が漫画と原作を分けて、
亜城木夢叶(あしろぎむと)として赤マルジャンプで
デビューを果たす。

ここまではいたって順調。
まだ、高校生でマンガも描き始めたばっかりで、
そんな順風満帆でいいの!?って聞きたくなってしまうが、
ここら辺りから少しずつ壁が出てくる。

自分たちの作品の方向性の迷いが生じる。
何を描いていいかわからない。
上手く描けない状態になる。

スランプというのとはまた違うのだろうなぁ。
まだ、未成熟であり、可能性を秘めていて、どこに
行くかも定まっていない二人だからこそ暗中模索している。
見ているとそんな印象を受けてしまう。

そんな二人が、すでに連載が決まった高校生天才マンガ家・
新妻エイジとの編集部でバッタリ出くわしてしまう。
サイコーとシュージンの先を進むライバル的存在のエイジ。
しかし、そこで圧倒的な実力の差を見せつけられ愕然と
してしまう。
目の前であっという間にネームを描き上げるエイジに対し、
二人は納得のいくネームすら描けないのだから。

今まで強気でガンガン突っ走っていた二人が失速する。
ネームが書けないシュージン、ひたすら絵の練習をするサイコー。
上手くいかないときって、いろんなタイミングがずれる。
気持ちも穏やかではなくなってくる。
そうやってうまくいかない状況のまま高校の夏休みは終わりを
告げる。
そこで、サイコーはある決断をするが…。

苦しいときをどう乗り切るか。どう過ごすか。
悩みながらも行動し続けることって重要なのかもね。
辛抱の3巻。次はどう展開するのか…。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/301-781b0cfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。