良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3びきのぶたたち デイヴィッド・ウィーズナー 江國香織

3びきのぶたたち
3びきのぶたたち
posted with amazlet at 12.12.19
デイヴィド ウィーズナー David Wiesner 江國 香織
BL出版
売り上げランキング: 168376

面白い!

これ、途中までは『3びきのこぶた』の物語を忠実に
描いているんだ。
最初の2匹のぶたの家はオオカミに吹き飛ばされてしまう。
ところが、途中から絵がおかしなことになる。

気づくと、平面の世界にいたはずのぶたたちが絵本の世界
から飛び出して逃げ出しているんだ。
もう、そこからは物語はあってないようなもの。
完全な創作物語へと変化していく。

ぶたたちは、たくさんの絵本を旅して、その世界に介入して
しまう。
そこでネコやドラゴンと知り合い、連れ出してしまう。
元のお話はまったく別のものに書き換えられてしまう。
ラストすら変わってしまう。

それを知ってか知らずか、3びきのぶたたちはある行動に
出るのだ。
ウィズナーの作品をはじめて読んだが、既存のものを壊して、
新しいものを創り出してしまう独創性が素晴らしいなと
思った。

絵本は、こうあるべきという固定概念は捨ててしまいなさい
と言われているような気がしてしまう。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー

スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/329-6fa64c98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。