良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆき いちばんのり ちいさなかがくのとも 2012年12月号 杉田比呂美


雪が降った日の朝って、早起きして外に出るのって
ワクワクするんですよね。
見渡す限り、どこもかしこも真っ白で、いつもとは
違う景色が待ってるんですよね。

女の子はお父さんと一緒に、早起きをして外に出ます。
そして、いろんなところで、一番乗りをするんです。

まだ誰も触れていない道路に足跡をつけたり、
木に積もった雪を触ったり、公園の遊具にも
一番乗りをして…。

あぁ、こういうのわかるわかるって思いながら読んで
いましたね。
雪国育ちの人なら誰でもこの体験してるんじゃないかなぁ。

僕も子供のとき、同じようなことしましたね。
それこそ、お父さんと一緒ではなく、早起きして、コソッと
一人で外に出たこともあったなぁ。

手つかずの雪って、ほんと魔法でもかかったような美しさ
なんですよね。
だから余計にワクワクしちゃうんだろうなぁ。
きっと、今でも子供たちは同じことしてるんでしょうね。
たくさんの子供達に、一番乗りして欲しいなって思って
しまいました。


ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/338-90865877
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。