良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。6 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 6 (ジャンプコミックス)
小畑 健
集英社 (2010-01-04)

「疑探偵TRAP」の連載が始まり、すべてが順調に
進んでいた。

ライバルたちも燃えに燃えて作品を描いている。
すべては順調で、このまま進むのかと思っていた
矢先にサイコーに悲劇が訪れる。

青天の霹靂とは、まさにこういうことを言うの
だろうな。
ハードスケジュールで仕事をこなすマンガ家さんには、
ありがちな話なのかもしれない。
ただ、サイコーに起きた出来事に対して、連載休止の
危機が訪れるのだ。
それも、みんなが予測しなかった方向で編集長から
直々に休載の通告がされる。
さぁ、出鼻をくじかれた亜城木夢叶(あしろぎむと)の
運命はいかに!?

よく読んでいくと、毎巻何かしらのハプニングが起きて
いるような気がする。
これもマンガ連載をする上での鉄則だったりするのだろうか。
ある一定のサイクルで山場を持ってくることで、人気投票で
高順位をとる…。

はっ!バクマン。でマンガの裏事情を聞かされているから、
ついつい斜めからマンガを読んでしまう癖がついてしまった
ではないか!
でも、こういう読み方、今までしたことがなかったので
楽しかったりしますね。

本題から離れてしまいましたが、休載の危機に面したことで、
サイコーと亜豆(あずき)の仲は急接近し、そしてライバルの
福田組が一致団結してボイコットをする。

こういうの現実にはないかもしれないが、清々しくって
気持ちいい。
おぉ~、青春してるなって応援したくなるんですよね。

やっぱり、仲間・ライバルがいることは何事においても
いいですね。

好循環を生む、と言えば良いのかなぁ。
どんどん面白くなっていきます。
息も切らせぬ展開で7巻に突入です。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/350-ca3e1fdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。