良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ咲く 辻村深月

サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
辻村 深月
光文社
売り上げランキング: 187,081

誰にでも桜は咲く。
花開くまで蕾の時間が長かったとしても、一度花が
散ってしまった後だとしても、誰にでも花を咲かせる
ことはできるんだ。

表題作をはじめ、中高生の純粋な想い、友情や恋愛、
夢といったものが描かれている。

『約束の場所、約束の時間』では、転校生の悠と朋彦の
友情が描かれている。
病弱で真面目な悠と、活発でちょっと不真面目な朋彦。
ここまでは普通のお話だが、そこに二人だけの秘密と
約束が混ざる。

『サクラ咲く』では、中学に入学した塚原マチの悩み、
出会い、成長が描かれている。
ミステリーではないんだけど、伏線が敷かれていて面白い。
図書室で見つけた謎のメモから素敵なラストへとつながって
いく。

『世界で一番美しい宝石』は、映画同好会の三人が部に昇格
させるべく、出演女優を探していたところ図書室の君こと
立花亜麻里に出会う。
単なる出演交渉から始まった出会いは思わぬ方向へ展開して
いく。

3つのお話は、それぞれがどこかでつながっていて、そこを
見つけるだけでうれしい気持ちになってしまう。
子供の成長を見守る親の心境に近いかもしれないですね。

学校って平等なようで見えて、平等ではない。
一部の人だけ目立ったり、評価されたりする。
でも、大部分の人たちはそうではない。病弱だったり、学校に
来れなかったり、地味で目立たないようにしたりする人もいる。

当たり前だけど、学校にはいろんな人たちがいる。
いろんな人たちがいるから、悩んだり苦しんだりもする。
だからといってそれが悪いこととは限らない。
それが経験になり、学びになり、成長につながる可能性がある
からだ。

何がきっかけになるかはわからない。
どこが転機になるかもわからない。

誰もが主役になる可能性を秘めている。
いつでも自分だけの花を咲かせることができるんだ。
みんなに平等にサクラは咲く。
誰にでもキレイな花を咲かせることができるんだ。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/352-b81b17b0
「サクラ咲く」辻村深月 (BOOK WITH YOU)
若美谷中学1年5組の塚原マチは、自分の意見を主張できない、頼み事を断れない、そんな性格を直したいと思っている。ある日、図書室で本をめくっていると、一枚の紙が滑り落ちた。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。