良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

どこいったん ジョン・クラッセン 長谷川義史

どこいったん
どこいったん
posted with amazlet at 13.02.03
ジョン・クラッセン
クレヨンハウス
売り上げランキング: 14,616

なるほど、そういうことか…。

結末はネタバレになってしまうので言えないのですが、
表紙からも漂う妙な空気感。
ページを繰る度に胸がざわめく変な気持ち。
無表情なクマと、ぶっきらぼうな関西弁とが、読めば読むほど
恐怖を掻き立てるのです。

いつ、なにが起こるのか?
それとも、なにも起きず終わるのか。
こういうのが下手なホラーよりも、よっぽど怖いのでしょうね。

声を上げるとか、涙が出るとかそういう類いの怖さではないの
です。
たとえば、読み終わった後に背筋がスーッと寒くなる感じと
いえばわかってもらえますかね。

『どこいったん』は、そんな声に出ない恐怖、ひたひたと歩み
寄ってくるような怖さがあるのです。
やはり、この怖さを引き立てるのが表情がまったく読めない
無表情さと、関西弁を使っていることなのでしょうね。

人間予測できないことと理解できないことが嫌なんですよね。
理解できなければできないほど、生理的嫌悪感とともに、恐怖
をも増幅させるのだろうなぁ。

クマは、なくなった帽子を探します。
探している最中でいろんな動物に尋ねます。
ぼくの帽子を知らないかということを…。

最後まで読んでしまうと、もう一度最初に戻ろうとは思えなく
なってしまいます。
あくまで私見なので人によっては感じ方は違うかもしれませんが、
これは何かの教訓なのでしょうかね。
それとも、そういったことはまったく関係ないのでしょうか。

もし、教訓だとしたら、一体何を 訴えようとしたのか。
それすらもわからない。だから、この絵本は怖いのです。
怖くて、怖くて堪らないのです。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/375-6ce4884b