良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほげちゃん やぎたみこ

ほげちゃん
ほげちゃん
posted with amazlet at 13.02.16
やぎ たみこ
偕成社
売り上げランキング: 40,644

この本も読書メーターで教えてもらって読んだ絵本です。
ほんと、読書メーターありがたい存在です。
今まで知らなかった本の情報を知ることができるのが
いいんですよね。

それに、『ほげちゃん』は、人にオススメされなければ
自分では絶対手に取らなかっただろうなぁ。
何しろ絵が好みではないんです。
表紙を見てもらえばわかるように…ほげちゃん、かわいい
というより気持ち悪いんですよ。(笑)

ある日、プレゼントして送られてきたのがほげちゃんと
名付けられたぬいぐるみ。
このぬいぐるみを送ろうとした方もどうかと思うけど、
まぁ当然というかこのルックスであれば、何かヤバイこと
が起きるなという予感はありますよね。

そして、家族みんなが出かけて家に誰もいなくなると…。
突然このほげちゃんが動き出すんです。
いやぁ、もうこれ絵本というよりもホラーですよ。
何だろう…古いのですが、真っ先に思いつくのは映画
『グレムリン』辺りかなぁ。

ほげちゃんの不満が爆発して大変なことになるんですよね。
グレた不良息子のごとく暴れまくるほげちゃん。
もう、読むのやめちゃえばいいのにと思うのですが、
なぜだかほげちゃんから目が離せなくて、つづきが
気になってしまうのです。

この絵本読んでいたら、林明子さんの『こんとあき』を
思い出してしまいました。
こんとあきとは、テイストがまったく違うのですが、
伝えたいメッセージ的なことは重なるのかもしれませんね。

物はただの物ではない。
ぬいぐるみにも感情はあるし、魂が宿ることだってある。
人間の都合ではなく彼らの気持ちも思いやってあげることが
大切…そんなたくさんのメッセージがあるのかな。

だとしたら…この見てくれのほげちゃんでも、やさしくして、
いたわってあげると、もしかしたらもう少しかわいくなるの
かもしれない…のかなぁ。(笑)





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/376-bf26d9aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。