良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣かない子供 江國香織

泣かない子供 (角川文庫)
江國 香織
角川書店
売り上げランキング: 254,038

江國さんのエッセイは持っていないなと思っていたら、
初期の作品持っていましたね。
久しぶりに読み直してみましたが、改めて読むと、
今まで気づかなかった発見があって面白いですね。

デビュー当初の1989年から1996年までに執筆したエッセイ
が掲載されているのですが、読んでいるとあまりにも彼女
が書く小説の登場人物と重なって見えるので衝撃を受けて
しまいました。

作家が、自分の感情や体験を切り売りするのは当たり前の
ことなのに、どこかで江國香織が描く世界は現実にはあり
得ないと思っていたのかもしれませんね。

お父様も作家ですし、普通の家庭である必要すら、元々
なかったのかもしれないですね。

徹夜で仕事をして、朝になったらディズニーランドに
行ってしまう姉妹。
依頼された原稿を順序立てることができないので妹に
計画を立ててもらう姉。
突然、夜の海が見たくなり、電車に乗ってあてどもない
旅に出てしまったり…。

そんなドラマチックなことって、小説の世界だけのこと
だと思っていた。
だから、羨望の眼差しで見るのではなく、そんな世界を
生きる人がいるんだなと客観的に見ることができるの
かもしれない。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/389-7b330136
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。