良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けない夜はないから 宮城県のこどもたち+ 荒井良二

明けない夜はないから
新田新一郎 たかはしあきら 渡辺リカ
フェリシモ出版
売り上げランキング: 403,128

東北大震災の後、被災地・宮城県で生まれた歌が
「明けない夜はないから」。
その歌をもとにして、作られたのがこの絵本である。

絵本といっても、ここには歌の歌詞が書かれていて、そこに絵が
あるだけなのだ。

でも、その絵も言葉も、やはり胸を突くのです。
なんとも言えない気持ちにさせられます。

絵本を読んだ後に、歌も聴いたのですが…。
子供たちの歌声がじんわりじんわりと胸に沁みてくるのです。

明けない夜はないから、明けない夜はないから…。
その歌詞が何度も繰り返され、繰り返される度に、胸が熱くなる。
子供たちに逆に元気をもらったような気になってしまうのです。

宮城県のこどもたちが描いた絵も収録されていて、そういうのを
見るとまたこみあげくるものがあります。

絵本だけではなく、是非子供たちの歌も聴いて欲しいですね。
フェリシモのページから聴くことができるのでチェックしてみて
ください。

☆荒井良二さんとつくった絵本「明けない夜はないから」






ブログランキングに参加しています。応援してくださると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/401-5ceafdd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。