良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きむらゆういちの『ひみつの箱』 きむらゆういち

きむらゆういちの『ひみつの箱』
きむら ゆういち
講談社
売り上げランキング: 855,834

きむらさんは、この『ひみつの箱』のことをボクのひみつのメモと
言っています。

たしかに、日常の中で見つけた、絵や童話を作るためのネタなので
メモには違いないのですが、ここにある言葉は、もうただのメモでは
ないですね。

ひみつの箱を開けてみたら、そこには、たくさんのキラキラした
宝石が溢れていたという感じなんです。

すでに完成された言葉たちは、それだけで独立していています。
しかも、激しく心を揺さぶる言葉ばかりがあるのです。
もうこれは、きむらゆういち名言集といってもいいのではない
でしょうか。

好きな言葉をいくつか紹介すると…。

・失恋を恐れて一歩も踏み出せないことほど、もったいないこと
はない。

・生きることは変わっていくこと。だから相手が変わってしまった
からといって、誰も責めることはできない。

・書きたいから書くんだよ。楽しいから生きるんだよ。充実感が
あるから仕事するんだよ。

・読書は他人の心の中がのぞき見れる秘密のグッズだ。

力強い言葉や優しい言葉がたくさんあって、きむらさんの生き方や
考え方をまざまざと見せつけられます。
きっと、その人柄や一途な思いを貫く人だからこそ、『あらしのよるに』
のような物語を作ることができるのでしょうね。

きむらさんが描いた油絵も載っているのですが、文章からは窺い知る
ことができないアグレッシブな絵の数々。
あまりの違いに、まだまだきむらさんには別の顔があるのかもしれない
と思ってしまいました。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/412-5c9d6172
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。