良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと、トモダチ。 長嶺輝明

ずっと、トモダチ。
ずっと、トモダチ。
posted with amazlet at 13.04.29
長嶺輝明
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 364,459

最後まで読み終わって、ようやくこの詩集が一人の人物が紡ぎ出した
ものではないことに気づく。
まさにやられたという感じだ。

ここにある詩は、寄稿されたものを集めたものらしい。
しかも、10~20代の子たちが『親友へのラブレター』というテーマ
で書いたものだという。

こういう言葉って、現在進行形で友達・親友がいて、その思いの丈
をガツンとぶつけてるからいいんだろうなぁ。
ほんと、ストレートな想いや愛情が素直に伝わってきていいなって
思っちゃいます。

友達とか、親友とか、友情、約束…そういうことが、いっぱい
いっぱい詰まっていて、青春っていいなと思ってしまいます。

詩と一緒に、ポラロイドの写真が載っているのですが、ポラロイド
の色褪せた感じが、なんともいえずいいのです。
感傷的な気持ちにさせるというか、思い出の1ページを開いている
ような感じなんです。

ここに書いてある言葉を実際に親友に伝えたりしているのかな。
だとしたら…すごいなと思ってしまいます。

僕が学生だった頃は、こんなセリフ恥ずかしくて言えなかったですね。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/422-892d8fb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。