良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。9 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 9 (ジャンプコミックス)

どんどん人が動き、物語が複雑になっていくなぁ。
それでも、物語として成立し、なおかつ読者を引き込んで楽しませているのだから、すごいとしか言いようがない。


9巻のメインは、ライバル新妻エイジが連載2本を行うことになったこと。
もうひとつはシュージンと見吉(みよし)の結婚だろうなぁ。
亜城木夢叶のマンガについても、また怒涛の展開が待っているし、ほんとうこのマンガは忙しい。

なおかつ、その内容を言葉にして表現するのが難しい。
エイジの連載についても、極論を言えば、既成の概念をぶち壊すのはありじゃないかと思うし、結婚については逆に早すぎたんじゃないと心配になってしまう。

ただ、どちらも個人の考えにすぎない。
何が正しいとか間違っているというものは、本来この世にはないのだろうなぁ。
正しいかどうかではなく、何をしたいか、どうなりたいかに終始するのだと思う。

そして、サイコーとシュージンの二人は、マンガ家・亜城木夢叶(あしろぎむと)として実現したいことをしようとする。
これは男としては格好良いと思う。
でも、同時に親心のように大丈夫?と心配してしまう。
どうもこの二人は常にハラハラドキドキさせて心配させるのが好きらしい。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/446-dd254f26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。