良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。10 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 10 (ジャンプコミックス)

担当の港浦(みうら)にブレーンが付く。
亜城木夢叶の連載が終わり、次の作品に向けてサイコーとシュージンは作品を描き続ける。


ところが、なかなか良い方向にいかない。
しかも、もう後がない。
背水の陣で連載会議に出す作品を作ることになるのだが…。

実際、こんなうまくいかないのかもしれないが、数多くの才能あるマンガ家を抱えていれば、追い抜け追い越せの競争が常に起きている
ことはわかる。
その中で、連載を勝ち取り、連載をし続けることがどんなに大変なことか…。

バクマン。を読むまでは、そんな裏事情まったく考えずに読んでいましたね。

ほんとうに、サイコーやシュージンではないですが、一作入魂で、命を削りながらマンガって描いているんだなと、マンガに対する見方が良い意味で変わりました。

マンガ家ってすごいなぁ。
そして、二人は尾行をしたり、プレゼントを差し替えたりして、体を張って次の作品を考えていきます。
連載は勝ち取れるのか!?

いつも思いますが、ここに出てくるマンガ読んでみたくなりますね。
願わくば…スピンオフで描いて欲しいなぁ。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/447-63cf953f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。