良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つるばら村の洋服屋さん 茂市久美子

つるばら村の洋服屋さん (わくわくライブラリー)

つるばら村シリーズ7冊目。
つるばら村理容店の隣にある「ひまわり洋品店」が、今回の舞台です。


はるかさんのお店には、洋服のほかに、アクセサリーやバッグ、糸やボタンといったものも取り揃えています。

そんなひまわり洋品店に、色が変わるブローチを持ち込む若者がいたり、紫色のスカーフを届けて欲しいと頼まれたりと不思議なものとの出会いがたくさんあります。

このシリーズ、はじめの頃は動物の姿をしたお客さんが多かったと思うんですよね。
ところが、回を重ねるごとに人間の姿に化けて登場する動物や妖精が増えたような気がします。

しかも、言われなければわからないくらいうまく人間に化けているんですよね。

もし、こういうことが現実にも起こっているとしたら…。
気づかない内に人の姿をした動物たちとお話してるのかもしれませんね。

物語の中では、素敵な道具がたくさん出てきます。
色が変わる木の葉のブローチも、四つ葉のクローバーで作った蚊帳も素敵だなぁ。

ウサギが作った蚊帳は、実際にあったら買ってしまいますね。
毎晩、こんな美しい光景を見ることができたらグッスリ眠ることできるだろうなぁ。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/477-1ccd5df1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。