良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の野原 満天の星の下 銀色夏生

春の野原 満天の星の下 (角川文庫)

瑞々しいのは、そこにある記憶が、今なお生きているから。


あの日、草原で駆けた記憶も、丘の上で二人で見た景色も、霧の中を無言で通り過ぎた出来事も…。
全部ぜんぶ、必要なことだった。

感情も、記憶も、出来事も、すべて過不足なく、必要なだけ起こっている。
だから、惜しむことなく、安心して今を生きていいんだ。

過去を振りかえること、懐かしむこともありだけど、決して巻き戻してはいけない。
巻き戻した景色は、すでに色褪せているのだから…。

春の野原で君のことを想い、満天の星の下でしあわせだった出来事の数々を思い出した。

君と出逢えて良かった。
君と出逢えたこと、ただそのことに感謝してしまう。
出逢ってくれてありがとう。

銀色さんの詩集は、何度も何度も読み返してしまう。
そして、読む度にさまざまな感情と記憶が交錯する。

心地よい記憶も、苦々しい感情もすべてが噴き出すのだから厄介だ。
でも、厄介と思いつつも、どこかでその行為が楽しいと思っている僕がいる。

単なる詩集ではない。僕にとっては、パンドラの箱のような存在なのかもしれない。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Comment

ゆりふぁ says... ""
今本棚から この詩集を出してきてパラパラと読み返しました。
いっぱい折り目が付いているところから 好きな詩が多いのが
わかります。
写真も言葉もたくさん詰まっていて お得感のある詩集ですね(笑)

98ページの「今日、夕焼けを」という作品と120ページの作品が
いま読み返してもいいなって思いました。

いつも思うのですが masaさんの書評もとても詩的ですね。
2013.08.31 21:13 | URL | #sSHoJftA [edit]
masa says... "ゆりふぁさんへ"
たしかに、この頃の詩集は好きな写真や言葉がたくさん載っているので
お得感満載ですよね。(笑)

98ページの「今日、夕焼けを」も120ページの作品も、
どちらも好きですね。
正確にいうと、好きというよりも、胸に突き刺さる言葉が満載というの
かもしれないですが…。

銀色さんの感想を書くときが、特に詩的になってしまいますね。
2013.09.05 06:51 | URL | #VGHpASgM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/479-a86cfce9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。