良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

君のいる場所 ジミー

Separate Ways 君のいる場所

君はどこにいるのだろう。
探しても探しても、見つけることができない。
それどころか、探そうとすればするほど、君が遠くなっていくような気がする。


主人公は、右に行く癖がある彼と、左に行く癖がある彼女のふたり。
この男女の恋の物語であるのだが、いくらページをめくってもふたりが出会う気配はない。

それも、そのはず。
彼は常に右に曲がり、彼女は常に左に曲がってしまうのだから…。
そんな、すれちがいの日々を淡々と描いていくのだが、そのすれちがいの歯車が、ある日変わるときがくるのです。

ジミーさんの絵本をはじめて読みましたがいいですね。
この世界観大好きです。

内容的には大人向けの絵本になるんでしょうね。
悩める大人、苦しむ大人に向けたメッセージのようにも感じます。

現実には、彼と彼女のようなドラマチックな展開はないだろうけど、大切な人を想う気持ちや、ひとりでいることの孤独感というのは、痛いほどわかりましたね。

しかも、ここにふたりの恋の話も絡んでくるのだから痛すぎます。
愛しい人をどんなに必要としても、どんなに会いたいと思っていても、会うことができないというのは、苦痛以外のなにものでもないですよね。

想いの強さと反比例して、歯車は空回りし続ける。
それは、寂しさと悲しさと虚しさを一緒に抱えて生きているのと同じことなんだろうなと思うのです。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー

スポンサーサイト




スポンサーサイト

Comment

ゆりふぁ says... "探してる"
人は人生の中でいつも探し物をしているようなものですね。
出逢うべき人も無意識に探している・・。
だから 出逢ったときに懐かしいような気持ちになるのかもしれないですね。
出逢って惹かれあって でも逢いたくても思うように逢えない
そのもどかしさもまた恋の醍醐味。
空回りするほど 誰かを想い続ける そんな人に出逢えることもまた
人生の喜びのひとつと言えるでしょうね。
2013.09.18 09:23 | URL | #sSHoJftA [edit]
masa says... "ゆりふぁさんへ"
たしかにそうかもしれないですね。

無意識で探すとは今まで考えていなかったですけど、
念であったり、想いであったり、そういったものが、
もし飛び交っているのだとしたら、知らない間につながっていたり、
出逢っていたりということもあるのかもしれないなと思ってしまいました。

そうですね。
もどかしさは、最高の恋のエッセンスであり、醍醐味かもしれませんね♪
2013.09.21 00:42 | URL | #VGHpASgM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/489-62ee29b9