良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。11 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 11 (ジャンプコミックス)

常識を覆す。
覆し続けて成長していくサイコーとシュージン。
二人は最高のパートナーなんだろうなぁ。


サイコーとシュージン、担当の服部さんのやりとりを見ていると、マンガに定石というのは存在しないのかもしれない。
ある程度のパターンはあるのかもしれないが、そこから先は担当者とマンガ家が模索しながら、ひとつずつ作り上げていくものなのだろうなぁ。

タイトル、登場人物の名前、キャラクター、ネーム…無数の中から一番良いと思うものを決める作業は想像できないほどの労力と創造力を要するのだと思う。

だからこそ、名作と呼ばれる作品は、何年経っても面白いと言われ続けるのかもしれない。

亜城木夢叶(あしろぎむと)の新連載『PCP 完全犯罪党』が開始することが決まり、また新たにアシスタントが入り仕事が始まる。
手際の良さとかサイコーの成長ぶりがわかるのが面白い。

そして、ライバルたちも続々と新連載を立ち上げる。福田の『ロードレーサーGIRI』、高浜の『正義の三肩』、週刊雑誌に終わりはなくて、終わっては始まるを繰り返す。

新たな連載の前には、終わりを迎えるマンガが必ずあるということなんですよね。
そんな当たり前のことをバクマン。を読んでいると、ふと考えたりするのです。

もちろん、それだけでなくてマンガ家と編集者のほとばしる情熱が胸を打つんですよね。

あと、ここにきて岩瀬さん(秋名愛子)、偏屈だけど意外にいい人なのかなと思うようになりました。
この巻は、岩瀬さんがキーマンかもしれませんね。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/499-85ff105b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。