良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら手をつなごう 中村航

さよなら、手をつなごう (集英社文庫)

さよならって、永遠の別れだと思っていた。
どんなに大切に思っていても、どんなに一緒にいたいと思っていても、好きという気持ちだけではどうにもならないことがあるんだよね。


これはさよならをテーマにした短編小説である。
『インターショナル・ウチュウ・グランプリ』では、希美が小学生のときに兄たちと宇宙に行こうとしていた夢を…。

『さよならマイルストーン』では、佳代が大好きな男子への想いを叶えようとする恋を…。

『さよなら、ミネオ』は、仲良しでいつも側にいるミネオとの友情を…それぞれ描いている。

夢も、恋も、友情も…。
ずっと同じ形であってほしいと願っていても、現実はまったくちがう方向へといってしまうことがある。
それは、試練といっても良いのかもしれない。

泣いて、怒って、叫んで…。
どんなに感情のたけをぶつけたとしても、さよならは、ある日突然、目の前に訪れる。

それは寂しいけれど、次に向かうステップなんだよね。
さよならを繰り返すことで、僕らは大人になっていくということなんだと思うんだ。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/511-2fad25d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。