良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゴロモ よしもとばなな

ハゴロモ (新潮文庫)

大切な人と別れるというのは、どうやっても苦しい。
それが、ある日突然訪れたとしたら…。
それは人生の終わりを宣告されたような絶望感に包まれるに違いない。


不倫の関係を解消したほたるは大きな川の流れるふるさとに帰る。
都会の生活を離れ、田舎のゆったりとして、のんびりとした生活をすることで、心も体もリセットされていく。

まるで、今まで蓄積されていた塵や埃といったものを少しずつ払い落として浄化しているようにさえ見えてくる。

久しぶりに会ったるみちゃん、不思議なラーメン屋をやっているみつるくん。
懐かしい再会や奇妙な出会いをしながら、緩やかに時を刻んでいく。

毎日、祖母の喫茶店で働き、ときどき人と会う。
堅実で地に足のついた生活を繰り返すことで、なくなりかけた生きるエネルギーを取り戻していく再生の物語。

大切な鎖を断ち切られた後の人間というのは実に脆い。
しかも、その脆さは、同じ波長のものを引き寄せるから厄介だ。

似た境遇、似た感性が互いを必要として呼び合う。
でも、同じだから理解できるし、寄り添えるのかもしれない。

人生にはタイムリミットがあるから、ずっとその人たちと一緒にいるとは限らない。
でも同時に、人生はいつでもリセットすることができるから面白いし、限りない時間を共有できるからこそ素敵な思い出になるのかもしれない。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/512-8476d394
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。