良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルジューシー 坂木司

ホテルジューシー (角川文庫)

『シンデレラティース』の姉妹編といえばいいのかな。
シンデレラティースで、主人公サキの友達として出てきたヒロちゃんこと、柿生浩美がこの物語の主人公です。


なんとなくこの二つの作品って対になっているような気がします。
陰と陽、黒と白、醜と美…そんな正反対の要素がお互いのキャラクターに反映しているんじゃないかな。

大学の夏休みにバイトをしようとする二人。
サキは母の紹介で歯科の受付をすることになるが、ヒロは自力で探してきた石垣島のホテルで働くことになる。

オーナー夫婦もいい人で、とっても快適な夏休みのバイト生活と思っていたら、とんだどんでん返しがやってくる。
ある日、那覇にある知人のホテルにヘルプに行って欲しいとオーナーに言われるのだ。

ヒロちゃんみたいな子いますよね。頑張り過ぎて、正義感が強くて、災難とかも喜んで引き受けちゃうタイプ。
ヒロちゃんって、しっかりしてて、いい子なんだけど、大変そうだなと思ってしまいますね。

その大変な部分が、ホテルジューシーで暴かれていくのですが…。
このホテルが変わったホテルなんですよね。
看板もまともになければ、佇まいは雑居ビル。オーナーもおらず、いるのは使い物にならないオーナー代理の安城幸二(あんじょうこうじ)。

このオーナー代理がくせ者なんですよね。
一緒に働くのは嫌ですが、面白くて意外にいい人だったりします。
馴染みの客、新規の客などなど、いろんなお客さんが来て気になる出来事が起こります。

見過ごすことができないヒロは、毎回首を突っ込んでしまうんですよね。
大変そうだけど、それが彼女の良いところでもあるのだろうな。

そうそう、比嘉さんが作る料理がどれもおいしそうなんですよね。
雑炊、おにぎり、ポーク玉子、クリームスープなどなど…。
読んでいるとよだれが出てきちゃいます。(笑)

そして、沖縄に行きたくなるんですよね。
その土地に行くからこそ、郷土の料理って旨味を増すのだと思うんですよね。

あぁ~、比嘉さんの料理が食べたい。
あっ、料理だけじゃなく、物語も面白いので、是非ご賞味を…。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/523-f844dc61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。