良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えない世界 原田宗典 かとうゆめこ

考えない世界 (講談社文庫)

詩のような、哲学のような、寓話のような…。


抽象画の横に添えられた言葉。
考えない世界とは、どういったものなのかということを原田宗典が言葉で表現している。

考えない世界とは何なのか?
そんな世界は存在するのか?

考えない世界とは、悟りとか無我の境地といった特別な意味合いを含むものなのではないか。

選ばれた人、特別な人にしか辿り着くことができない場所に思えてしまうのだが、ここではそういう言い方はしていない。
むしろ、誰でもできるような気軽さで問いかけているような気がする。

すごく真面目に命題について考えているように見せながらも、どこかいつもの原田さんの冗談ともつかない語り口調が見え隠れしているような気がしてしまう。

勘ぐりすぎだろうか…。






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー

スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/530-97ebb52d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。