良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえるゾウ 水野敬也

夢をかなえるゾウ 文庫版

朝起きたら、枕元にいきなりヘンなものが現れたら、誰だって驚くに違いない。


それが人間の形ではなく象のような、怪物のような、今まで見たこともないものであれば、なおさら驚いてしまう。
しかも、そいつは自分のことを神様だっていうのだから…。

主人公がある朝目覚めたら、目の前に神様であるガネーシャが現れる。
そして、いきなり、「で、覚悟でけてる?」なんて聞いてくるのだ。

彼の変わりたいとい願いを叶えてくれるというのだから、願ったり叶ったりなのだが…。

しかし、肝心のガネーシャは姿形も怪しいし、話すとただの関西のおっちゃんだし、いちいち言うことがムカつくし、なんだか信用できない奴なのである。

神様なのに、大食いだったり、タバコも平気でぷかぷか吸ったりするところなんかも、神様というより人間臭すぎて、ほんとうにこいつ神様なのと思ってしまいます。

そんなガネーシャと一緒に過ごすことで、少しずつ変化していく主人公を描いた物語が、『夢をかなえるゾウ』です。

いやぁ、これ面白い。ムチャクチャ面白くて、スイスイ読めてしまうんですよ。
もっと早く読めば良かったなとすら思ってしまいました。

自己啓発系の本ですが、他の本とはひと味もふた味も違いますね。
まず、ひとつ目が、主人公が成功した様子を描いていないこと。
いわゆるサクセスストーリーではないのです。
だから、常に主人公=読者として読めるところが良いのです。

ふたつ目は、笑えること。
笑いがあるって、すごく大切って思いました。
ただ真面目に話しをされても勉強にはなると思っても、実はそんなに頭に残っていなかったりすること多いんですよね。
たぶん、笑いという刺激・スパイスがあるからこそ印象に残ったり、覚えていることができるのかなと思うのです。

単純に物語を楽しむために読むも良し、自己啓発として学ぶために読むも良し、気分転換に笑いたいから読むにも良しな素敵なお話です。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/538-e8d9f411
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。