良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、ちきゅう食堂へ 小川糸

ようこそ、ちきゅう食堂へ

小川糸さんというと、おいしい食べ物がでてくる作家さんというイメージが、僕の中では定着している。


だから、小川さんの食にまつわるエッセイであれば間違いなくおいしいものが描かれていると確信できるんですよね。

『ようこそ、ちきゅう食堂へ』では、小川糸さんが全国各地にあるおいしいものを作っている人たちに会いに行きます。

作る人も食べる人もハッピーになるという石垣島の辺銀食堂さん。
法務事務所を辞めてから心機一転し、バウムクーヘンのお店デルベアをはじめた熊倉さん。
月心寺という禅寺で、精進料理を作り続ける尼さんなどなど…。

こうやって、農作物やお菓子、食事に、真摯に向き合って作り続けている人たちを見ると、素晴らしいなと思うと同時に、自然の恵みに感謝しようという気持ちがふつふつと湧いてきます。

それは、誰しもが本来もっていた感覚なんだと思うんですよね。
でも、日本という国があまりにも便利になりすぎて、おいしいものが簡単に手に入る時代になってしまったから、だんだんその感謝する気持ちを忘れてしまったのではないかと思うんです。

ほんとうに、ここではバラエティーに富んだ人たちが紹介されているので、誰が特別良いとか、ひとつの場所にだけ行きたいというのはなくて、行くことができるなら、すべての場所に、すべての料理人・職人・農家さんにお会いしてみたいって思ってしまいます。

「奇跡のリンゴ」で一躍有名になった無農薬でリンゴを作られる木村さんにも会ってみたいし、石垣島の空気を味わいながら辺銀食堂さんでお腹いっぱいごはんも食べたい。

そして、滋賀で一日一組限定でおもてなしをするレストラン・ベルソーさんも行ってみたいですね。

食事って、人間が生きるために必要な行為です。
けれども、なんでもいいから朝昼晩食べればいいかというと、そうではないと思うんですよね。

年をとればとるほど、ひと手間かけることや愛情をこめることの大切さを感じるのです。
だからこそ、こうやって誠心誠意、食に向き合っている人たちを見ると襟を正して、毎日の食事に感謝をしようという気持ちになるのです。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/540-3ee74ef3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。