良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたし おてつだいねこ 竹下文子 鈴木まもる

わたしおてつだいねこ (おてつだいねこシリーズ)

おばさんは、朝から家事に大忙し。
旦那さんを会社へ送り出して、朝ごはんを片付けて、掃除をして、洗濯物を洗って、干して…とたくさんのことをしなくてはいけません。


ふっと、思わずおばさんは、「ああ、忙しい、忙しい。ねこの手も借りたいぐらいだわ。」とぼやいてしまいました。

そうしたら、なんと家に本物のねこがやってくるではないですか。
しかも、そのねこは「わたしお手伝いさんです。家事ならなんでもできます」と有能なお手伝い発言までするのです。

当然、おばさんはねこの手も借りたかったので大喜びでねこの力を借りるのですが…。

いやぁ、このお話いいですね。
単純にかわいいねこがでてくるだけではなくて、ねことおばさんのやりとりから、いろんなことを考えさせられます。

ねこはいくつかの嘘をつくんですね。
その嘘も重ねるごとに収拾がつかなくなってしまいます。
そして、おばさんはねこが来たことで、どんどん楽をしようと思うようになります。

どちらが悪いというのはないのですが、嘘をつきすぎるのもいけないし、欲をだしすぎるのもいけないんですよね。
足るを知ることが重要で、何ごとも適度が肝心なんですよね。

二人の間でいろんなことが起きますが、最後は微笑ましい光景に出会えますよ。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/544-bf455f75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。