良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルドルフともだちひとりだち 斉藤洋

ルドルフ ともだち ひとりだち (児童文学創作シリーズ)

実は斉藤洋さんの本ではじめて読んだのが、この本なんです。
シリーズものなのに、ルドルフシリーズ第二弾から読んでしまったんですよね。


第二弾からでも内容はわかるのですが…。
やはり、最初から読んだ方が面白かったですね。

黒ねこルドルフは、飼いねこでした。
しかし、今は訳あって野良ねこをやっています。
住みかは、イッパイアッテナと同じ神社での生活。

まだまだ子どもで知らないことがたくさんあるルドルフなんだけど、大人であるイッパイアッテナや、ちょっと年上のブッチーなどから、いろいろ教わって成長していきます。

野良ねこ生活を続けているルドルフを見ていると、たくましいなと思ってしまいますね。

ねこたちのやりとりも楽しくて、ただ笑えるシーンもあるのですが、逆に大人でも考えてしまうような唸らされるシーンなんかもでてきます。

そんな中で、ルドルフはある決断をするのですが、それがまた深いお話で、唸らされたり、関心させられたりしてしまうのですよ。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/559-f00c8694
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。