良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーシンジケート 穂村弘 井筒啓之

ブルーシンジケート―穂村弘+井筒啓之歌画集

短歌なのにアメリカの匂いがする。
穂村弘なのに、ハードボイルドな格好良さを感じてしまう。


銃をぶっ放す。
犯罪者が逃げ惑う。

恋も、遊びも、日常も、すべてが日本ではなく、遥か彼方での出来事のように遠く感じてしまう。

井筒氏の絵が五七五の歌を本来の言葉とは、まったく別のものへと変化させる。

短歌と絵が火花を散らして化学反応を起こす。
汚い言葉すら、スタイリッシュな響きを醸し出すのだから不思議だ。

穂村弘の短歌からイメージしたイラストを後から井筒啓之が描いたものだそうです。
だから歌と絵がピッタリ合ってるのでしょうね。

逆の順序では、このコラボは成立しないのだろうなぁ。
井筒氏の絵はどこかで見たことがあると思ったら、宮部みゆき『人質カノン』、ダニエル・キース『五番目のサリー』の装幀を手がけてた方だったんですね。

こうやって見せられると、穂村弘のイメージが変わるなぁ。
別の側面から見ることができて良いですね。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/569-fb0eda49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。