良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の主5 篠原ウミハル

図書館の主 5 (芳文社コミックス)

今回はどんなお話が出てくるのかと思っていたのですが…。
なかなか、恋の話は進展しないですね。


常連の宮本さんを巡る三角関係は解消しなさそうだし、絵本作家を目指す伊崎くんの恋路も前途多難な感じですよね。

今回は…そんな二人の恋路を左右するかもしれない、金子さん親子のパパ問題が浮上したりします。
あとは、謎多き「タチアオイ児童図書館」のオーナー葵さんの学生時代の恋と本の話に触れていたり…。

こんなにどんどん登場人物の裾野を広げてしまって、最後はきちんと回収できるのかなと読んでいるこちらが心配になるほどなんですよね。

しかも、またまた主人公の司書・御子柴にケンカをふっかけてくる同級生なんかも現れちゃうし…。

まぁ、きっと人気シリーズということで、まだまだ続刊がでるということなんでしょうね。
いずれ謎は回収されると期待しておくしかないですね。

登場する本は、絵本の『いないいないばあ』とか『もこ もこもこ』は読んだことがあったのでうれしくなっちゃいましたね。
オーナー・葵さんの過去に迫る一冊として取り上げていた『十五少年漂流記』は、まだ未読なので、どこかで手にとってみようと思います。

気のせいか、だんだん児童書の内容に触れるお話が減ってきているような気がします。
物語とのバランスもあるのでしょうが、もう少し児童書ネタが欲しいなと思ってしまいますね。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/578-55b3ee76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。